>

掲示板を利用してみよう

多くの携帯電話サービスでは、災害時に緊急掲示板を開設しています。
自分の安否を書き込んだり、家族や友人の状態をチェックすることができます。
普段は使用できませんが、災害が起こった時にだけ使用できる仕組みになっています。
どのような方法で書き込めば良いのか、事前に確認しなければいけません。

災害が急に起こって掲示板に書き込もうと思っても、使い方を知らないと上手くできない可能性があります。
それでは、自分の状態が正しく相手に伝わりません。
どのくらいの文字数を掲示板に書き込めるのか調べておきましょう。
大抵の掲示板は、長い文章を書き込めません。
短い文章で書き込む意識を忘れないでください。
日頃から準備して、災害時に活用しましょう。

SNSサービスを活用できる

SNSサービスを使って、毎日日記を書いている人がいます。
災害時には、SNSサービスに安否を書き込んでください。
すると電話やメールを使わなくても、自分の状態を他の人に伝えられます。
災害が起こったら相手が無事なのか心配で、電話やメールを使う人が急増します。
すると回線が混雑するので、なかなか相手に繋がりません。

SNSサービスのアカウントを持っている人は、そこに書き込んだ方が良いです。
普段使っていなくても、万が一の事態に備えてアカウントだけでも準備しておきましょう。
SNSサービスの中には、見るだけならアカウントがなくてもできる場合があります。
家族や友人が何時でも見られるよう、そのようなSNSサービスを使っても良いでしょう。


災害が起こった時のために供えよう

この記事をシェアする